about

かなめ総合法律事務所は、2015年7月、クライアントのビジネスの様々な局面において必要となるリーガルサービスを、真の意味で提供することのできる総合法律事務所を目指して設立されました。

世界中に数千人、数万人の従業員を有し、世界にまたがって活躍する大企業であっても、数人の従業員で夢と目標を追うベンチャー企業であっても、その組織を構成するのは「人」であり、交渉、契約、紛争など、あらゆるリーガルニーズの根源も、「人」と「人」の交わり、接触ゆえに生じるものです。

それゆえ、私たちは、「人」としての弁護士が、「人」としてのクライアントと真剣に向き合い、話し合い、お互いを深く理解し合ってはじめて、クライアントにおいて真の意味で必要とするリーガルサービスが何であるかがわかり、提供することができると考えています。

そのためには、私たちは、弁護士としての法律知識や経験の蓄積、社会や法律の変化に対応するための日々の研鑽はもちろんのことですが、それ以上に、弁護士の「人」としての深さ、魅力を追求し、クライアントとのコミュニケーションを何よりも大切にしたいとの想いを有しています。

かなめ総合法律事務所のロゴは、そのような想いを込め、中心点を「かなめ」として、様々な個性と特徴を持つ「人」と「人」とを繋ぎ、そしてその繋がりから大輪の花を咲かせるイメージを表現したものとしました。

そして、クライアントの多様なリーガルニーズに、クライアントと親密にコミュニケーションをとりながら誠実に対応していく中で、クライアントにとって不可欠な存在となりたい、これが私たちかなめ総合法律事務所の想いです。